ホーム製品と事業内容 > 水処理事業

水処理事業(概要)

弊社は“水を取り戻す”ことをテーマとして汚水処理問題に取り組み、他社の追随を許さぬ優れた技術、“共和式二段酸化法”を開発し、公共下水処理、一般産業廃水及びと畜場汚水処理等各分野の水処理施設を建設し、公害防止に努めて参りました。なかでも、食肉センターの汚水処理においてはパイオニアとして独自の境地を確立し現在においてもトップシェアを築き続けています。

水処理事業の技術

共和式二段酸化法

一般に、活性汚泥法は多くの利点を有する一方で、排水の性状や環境条件の変化などによって活性汚泥中に糸状菌が異常増殖し、沈殿槽での固液分離が不可能になり汚泥が系外へ流出してしまうという欠点をもっています。
この欠点を改善する為に「共和式二段酸化法」をベースにし、曝気槽の直前に嫌気性処理部(混合槽)を設けることによって糸状菌の増殖を抑制し、バルキングの防止が可能なシステム、【新共和式二段酸化法】を開発いたしました。

Ymアクター技術

廃水処理施設へYM菌®を投入することにより微生物群の活性を活発にします。
YMリアクターとして新規施設や既存施設でも設置が可能です。

  • 調整槽と本システムをつなげることにより、曝気槽や沈殿槽を始めとした施設の壁や接触ろ材などにYM菌®を生息させます。
  • YMリアクターシリーズは、新規施設や既存施設に、柔軟に設置可能です。
悪臭成分の多くは、蛋白質が嫌気的に分解されるときに発生します。
本システムでは、蛋白質分解能力の高いYM菌®を好気条件下で増殖させ、
蛋白質を好気的に分解させることにより、水処理工程や脱水ケーキからの悪臭成分の発生を抑制します。
現在、水処理の滅菌工程は、放流水の大腸菌群数の基準を確保するため、塩素剤による滅菌法が主流となっております。その結果、大腸菌群のみならず環境浄化に有用な微生物までも死滅させており、放流先の生態系へも悪影響を与えており
問題となっております。本システムの導入は、水処理過程での大腸菌群の減少を促し塩素剤の過剰使用を削減できるほか、環境浄化作用をもつ有用微生物の環境への回帰を図ります。
  • 活性汚泥の沈殿分離効果が向上する
  • 負荷対応力が向上し、より安定処理が可能となった
  • 油脂分の分解効果が高く浄化機能が向上する
  • 槽壁の脂膜抑制、汚泥の減容化、加圧浮上装置が不要
  • 脱水効率の向上
  • YM菌®をはじめとするバチルス属が優先種になることで、糸状菌の発生抑制 およびバルキング現象の発生抑制がなされます。
「汚泥処理費用の縮減」
環境ワクチンの作用により、汚泥発生量の減少や沈降分離性が向上し、脱水機の負担が軽減されます。又、凝集性も良くなるため凝集剤の添加量も減少し汚泥処理コストが縮減されます。

脱塩乾燥

従来の浸出水処理設備では塩分まで取り除くことはできません。
処理水中塩化物イオン濃度が10000ppm前後のまま放流されているのが現状です。
塩分は私たちの身体にとって無くてはならないものですが過剰になると大きな害を与えます。自然界も同様で
特に稲は塩分に弱く、影響が心配されています。共和化工では脱塩装置【スーパーソルトレス】を用い処理水中塩化物イオン濃度を500ppm以下に抑え、放流します。

脱塩乾燥フローシート

膜ろ過

膜ろ過システムは、省スペース性に優れ、安定して高度な処理水を得ることができます。当社では、省スペース・高度処理水・中水利用等を目的としたニーズに対し膜を利用した様々な水処理設備を提案しております。

膜ろ過設備の特徴として、以下のような利点があります。
省スペース性に優れる  余剰汚泥の減量化が可能  安定して良好な処理水を得ることが可能

膜ろ過設備には以下の実績があります。
最終処分場浸出水処理  産業排水処理  食肉処理場排水処理

所在地 規模 備考
プライムデリカ相模原工場 300m3/日 YMリアクター+加圧浮上+浸漬膜
マルアキフーズ 140m3/日 浸漬膜+中水利用
エコパーク榛名 120m3/日 Ca除去+生物処理+凝集膜ろ過
+高度処理+脱塩
岩手町一般廃棄物最終処分場 15m3/日 Ca除去+生物処理+凝集膜ろ過
+高度処理
前橋市最終処分場 120m3/日 Ca除去+生物処理+凝集膜ろ過
+高度処理
徳之島愛ランドクリーンセンター 30m3/日 Ca除去+生物処理+凝集膜ろ過
+高度処理+脱塩
中遠広域一般廃棄物最終処分場 150m3/日 Ca除去+生物処理+凝集膜ろ過
+ダイオキシン処理+高度処理

ジオキサン処理

1.4-ジオキサンは国際がん研究機関によりGroup2B(人に対する発がん性が疑われる)に分類されており、現在中央環境審議会水環境部会において、排水基準値を定める審議が行われております。

1.4-ジオキサンは生分解性に乏しく、通常の活性汚泥処理等の生物処理、凝集沈殿、砂ろ過等では除去ができません。
また活性炭による吸着処理も吸着効率はあまり高くありません。
現状ダイオキシン類分解処理等で実績のある促進酸化法が最も効果のある処理方法となっています。

共和化工ではオゾン+過酸化水素による促進酸化法にて、1.4-ジオキサンを分解除去します。
この促進酸化法は紫外線を併用しないためイニシャルコスト・ランニングコストが低いこと、自動運転により安定して処理ができることが特徴です。

1.4-ジオキサンAOP処理システム

AOP(促進酸化処理)とは
AOP(促進酸化処理)によるジオキサン分解
AOP(促進酸化処理)システム概要

取扱実績

所在地 概要 水質 水量 処理方式
流入 流入 オゾン+過酸化水素併用式の
促進酸化処理
三重県 既設水処理
+1.4-ジオキサン
分解処理設備増設
BOD 10mg/L以下
COD 10mg/L以下
SS 1mg/L以下
1.4-ジオキサン 2.0~4.0mg/L
60m3/日
処理 処理
BOD 10mg/L以下
COD 10mg/L以下
SS 1mg/L以下
1.4-ジオキサン 0.5mg/L以下(保証値)
0.1mg/L以下(目標値)
60m3/日
ページの先頭へ