ホーム製品と事業内容 > リサイクル事業

リサイクル事業(概要)

近年の大量生産、大量消費、大量廃棄の社会システムは自然の浄化能力を超え、地球温暖化や砂漠化などの様々な環境問題を深刻化させており、限りある資源の有効利用を図る持続可能な循環型社会の構築が地球規模での緊急課題となっています。
そのような中、弊社はYM菌®による超高温好気性発酵技術を確立し20年以上の実績を有する株式会社山有と平成14年4月に技術提携を行い同社の有する特許技術について実施権が許諾されています。

堆肥化施設について

発酵は微生物による化学反応。化学反応は高温ほど早く進みます。超高温発酵技術なら完熟まで45日程度。雑菌・雑草種子も死滅します。
微生物の力で80℃以上が持続します。加温する必要がなくシンプルな構造ですから、機器故障リスクやコストを低く抑えることが可能です。
副資材を利用せず製品の水分率が30%程度になります。下水の脱水汚泥ならば重量で10-15%になりますので、大幅な減容化が可能です。
本技術は、鹿児島市、堺市、佐賀市などで、下水汚泥の堆肥化方法として利用されています。
事業の維持管理は、弊社が責任を持って行うことが可能です。地域の方も採用し、地元への貢献も忘れません。
現在、自社工場のうち、多いところで日量50tの有機性廃棄物を堆肥化し、その全量を堆肥として販売または弊社で有効利用しています。

超高温好気性発酵技術

共和化工では「YM菌®」という微生物を中心に添えたリサイクル事業を展開しています。
YM菌®は、株式会社山有が開発した高温型コンポストの発酵を担っている新規微生物として単離され、(独)産業技術 総合研究所特許生物寄託センターに寄託された細菌群であり、高度好熱性細菌株と同定分離されています。

弊社は、このYM菌®を同定し特許を取得している株式会社山有と技術提携し、同社の有する特許技術等について実施権の許諾を受けています。

「超高温好気性発酵技術」はあらゆる廃棄物を発酵分解し、有価物(主に肥料)を生産する技術です。

有機性廃棄物とYM菌®を混合し堆積させる事で、発酵温度が85℃以上の高温域に達します。 それにより下記の特徴を得ることが出来ます。

発酵技術の特徴
  • 発酵期間が45日程度と短い
  • 籾殻などの副資材を使用しない。  →水分調整材として返送品を使用する。
  • 腐敗する全ての有機性廃棄物が発酵処理可能。  →高水分な廃棄物でも対応可能。
  • 発酵施設からの排水が無い。
  • メンテナンス等が容易。  →故障による運転停止には陥りにくい。
生産物(肥料)の特徴
  • 大腸菌など雑菌が死滅する。
  • コンポスト製品の水分率が低い。
  • 微生物が多い。
本技術フロー

動画でのご紹介

動画をご覧になるには、
左の再生ボタンをクリックしてください。
※ポップアップで開きます。

肥料販売(益子事業所)

共和化工株式会社 益子事業所

住所:栃木県芳賀郡益子町塙3680-7
TEL :0285-70-1380
FAX :0285-81-8105
→ 地図はこちら

本事業所にて、消費者様の用途にあった肥料へと加工し、出荷しております。
工場、農家、銀行、園芸店、ガーデニング愛好家、ゴルフ場など、他にも幅広い業種への販売を展開しております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

有機質バイオ肥料「かんとりースーパー」

・20kg袋
・フレコン
・バラ積みが可能です。

商品名称 粒径
G・TG用 1.5mm 以下
TG用 1.5mm~2.5mm
FW用 2.5mm~4.5mm
FW用 Ф3mm×5mm(ペレット形状)

袋包装(1~3本入)
箱包装(10,20,30,50,100本入)

特徴

  • 超高温(85℃以上)好気性発酵技術で造られた製品ですので病原菌(注1)・雑草の種などは死滅しており安心(注2)・安全で作業(注3)も減少。
  • 完熟された有機質肥料の為、ほとんど無臭(注4)。また施肥後も再発酵しませんので土壌が酸素欠乏を起こさず成長をスムーズにします。
  • ミネラルが豊富なため、植物を健康にし病虫害に強くなり、植物本来の特性がでます。
  • 肥料固形成分が70%もあるので、長期間肥料効果を持続します。
  • 高温に耐性の有る特許微生物YM菌はPHや気温の高い条件下でも死滅しにくい為、微生物の生息期間が長いので効果が持続します。
注1:
財団法人 日本食品分析センターに於ける試験でも食中毒を引き起こす菌は全く検出されず全て陰性です。
(大腸菌・黄色ブドウ糖球菌・サルモネラ・腸炎ビブリオ・ウェルシュ菌 等)
注2:
家畜のえさは海外からの配合飼料が多い為に、畜糞には外来草の種子が混入している事が多く、
植物への影響も懸念されます。(自然の生態系が懸念されています外来魚、外来植物と同様です)
注3:
YMバイオに雑草の種は残留いたしておりませんが、浮遊種子により雑草が生えないことは有りません。
注4:
ぬるま湯で溶いても臭いは出ません。

使用方法・目安

ゴルフ場の場合

ペレット・粒状 施肥面積 施肥量 参考
フェアウェイ ティーグラウンド ラフはFWの半分 1,000㎡(1反) 春:200~300kg
秋:400~600kg
化成肥料は入れてはならない
芝は少し黄色かかる
財団法人 日本食品分析センターに於ける試験でも食中毒を引き起こす菌は全く検出されず全て陰性です。
(大腸菌・黄色ブドウ糖球菌・サルモネラ・腸炎ビブリオ・ウェルシュ菌 等)

水田・畑などの場合

施肥面積 施肥量 参考
1反(300坪) 1~2トン(1~2%) 元肥施用の場合はすき込み、畑作の植付け後や、
茶・植木などは根の周りに蒔いてください。
上記は「単用の場合」で有り併用の場合はゴルフ場の判断になる。(化成肥料の量にて判断)
秋口を多くするのは冬越えの為、植物が生長する春先に向け土になじませる為に使用します。

家庭菜園・園芸の場合

  施肥面積 施肥量 参考
種を蒔く
植える場合
(追肥の場合も同様)
1坪 3.3kg これから種を蒔く、植える場合は、一週間前までに施用し土にすき込んでください。
最初に使用する場合は、土壌の状況により倍位の量を使用する。
1㎡ 3.3kg
プランター
(65cm)
当初200g
次回100g
植えてある場合には上記施肥量の30%を目安に根の周りに蒔いてください。
速効性の化成肥料と違い、遅効性ですので穏やかに長期間施肥効果が得られます。

お客様の声

かんとりースーパー豊作の友
佐賀
いちご農家さん
  • L玉、2L玉がほとんど。変形や病気が殆んど無くなった。
  • 以前と比べて糖度が上がった。
    (以前は11.7度だった糖度が13.5度に!!)
photo
佐賀
レンコン農家さん
  • かんとりースーパーと従来の肥料を撒いた所を比較したらものすごい差が出た。
  • アブラムシの発生が軽減された。

photo

佐賀
たまねぎ農家さん
  • 玉太りして、実も締まり美味しくなった。
    孫も野菜を食べに良く来てくれる!!
photo
佐賀
柿農家さん
  • 色、つやが今までと全く違い甘味も出た。
     
photo
徳島
レタス農家さん
  • 土がやわらかくなった。
長崎
野菜農家さん
  • 地温が上がった。地力が上がった。
芝の友
茨城
Iゴルフ場18H
  • 大雨が降ってもサッチの波(波模様)が出なくなった。
    大手他社品との比較試験を、ホールを分けて実施。 当社製品を現在も使用されている。
茨城
Kゴルフ場27H
  • ティーグラウンドが荒れてしまっていたが、施肥後3日で回復した。
    栃木県のグループコースからのご紹介。 砂、鶏糞、芝の友(1.5㎜U)を散布し3日で回復。
    平日70組入っている盛況コース。
栃木
Tゴルフ場
  • 上記同様2日で青く成った。
    荒れたティーグラウンドに砂を撒き、その上に芝の友(1.5㎜U)を施肥し散水。 2日で回復。
栃木
Sゴルフ場
  • フェアウェーが芝の絨毯の様になった 。
    芝の友(1.5㎜U)をグリーンに直接施肥をして頂ける様になった。
    今では芝の友を基本に管理しているとの事。
栃木
Nゴルフ場36H
  • 芝の色が永く持続し確かに良い。
    葉巾が細く成って、腰の強い芝になってきている。サッチが少なくなった為か、雨上がり後のグリーンの水捌けがよくなった様な気がする。
静岡
Gゴルフ場
  • 7年目になるが、FW・Gの固さが丁度良くなった様である。
    化成肥料のみの時期はルートマットが長かったり、土が固くなったりしていたが、
    近々はプレーヤーから固さが丁度良い為か、疲れないとの評価を頂くそうです 。

花の友
  • 顆粒状で撒きやすい。(一般家庭)
  • 花の色、つやが良くなった。
  • 花が長持ちする。
YMひまわりくんは、YM菌®の力を利用して有機物を強力に分解する発酵処理装置です。
地球温暖化抑制にも貢献でき、当社の持つリサイクル網を利用して完全リサイクルを達成できる画期的な商品です。

基本処理フロー

オートメーションによる運転管理

処理物の投入から発酵、発酵後の製品排出まで、全自動運転で処理。維持管理も簡単です。

オートメーションによる運転管理イメージ

YMひまわりくん3大特徴

point1 「YM菌®」による超高温発酵

YMひまわりくんなら!
雑菌などを死滅させる超高温発酵
高温に達する発酵で有機物をしっかりと分解。「YM菌®」の分解力により、投入した有機性廃棄物を大幅に減量し、病原菌や雑草種子を死滅させ、雑菌・雑草の繁殖を防ぎます。
良質の肥料を生成
発酵後に生まれる生成物は有機性肥料や土壌改良材として有効活用できます。
分解力と好気性発酵で悪臭を防止
空気を直接送り込むことで「YM菌®」の好む好気性の環境を作り出し悪臭の発生を防止。

CO2発生を抑制し、環境にやさしい

火を使わずに有機性廃棄物を肥料化するため、CO2を抑制し、有害物質の発生もありません。

従来の焼却処理
有害部室の発生しない発酵処理
「YM菌®」の発酵により有機性廃棄物を肥料化するため、焼却を行わずダイオキシンも発生しません。
Co2排出を抑制する設計
生物由来のエネルギー(発酵熱)を利用するため、化石燃料由来の二酸化炭素の発生を抑制できます。

ロータリー型の採用で、ローコストを実現

省エネ設計によりランニングコストを大幅削減しました。

従来の発酵機
エネルギー負担の少ない外胴回転
外胴が回転するため発酵物の抵抗を受けず、撹拌に費やすエネルギーを抑えられます。また、YM菌®の繁殖のため静置時間が長く、1日数回の切り返し(回転)で済みます。
発酵熱による光熱費削減
YM菌®の発酵熱の利用で、電気ヒーターの利用を抑制できます。
シンプルな構造により、故障のリスクも低減
空気を直接送り込むことで「YM菌®」の好む好気性の環境を作り出し悪臭の発生を防止。
お問い合わせ
ページの先頭へ